読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩手から旅日記

週末、東北をあちらこちら

高速バス乗車記録 仙台ー首都圏線 東京→仙台

仙台・新宿5号 2016年11月20日 バスタ新宿10:33 → 16:41仙台駅東口 JRバス東北 運行便 最近は月1ペースの東京行き、今年のはじめは東京依存からの脱却を目指しつつも紆余曲折を経て10月、11月とこのペースになる。次はおそらく2月、経由地としてはそれまでに…

10/29〜30 秋の青森旅第2弾 蔦温泉と奥入瀬写真旅(その4)

シャトルバスで子ノ口を経由して奥入瀬渓流へと分け入って行く。バスはJRバスの貸切タイプで座席自体は快適なんだが、満席なうえに狭い通路にもひしめき合う状態で乗り降りにかなり時間がかかっている。 主催者の想定を超える利用になってるか。台湾?中国?…

10/29〜30 秋の青森旅第2弾 蔦温泉と奥入瀬写真旅(その3)

2日目の朝がメインイベント、日の出に燃える蔦沼へ。 朝5時前に起き上がると、星空が微かに。夜の間に天候は回復してくれていた様子でほっとひと安心、準備にとりかかる。 5:20頃に蔦沼に到着、既に先客が20人ほど揃っている。辛うじて1列目に三脚をセットし…

10/29〜30 秋の青森旅第2弾 蔦温泉と奥入瀬写真旅(その2)

今季初のスリップを経験したのち、この先は無理と判断して酸ヶ湯に引き返す。 登って来るのはなるほど県外かレンタカー、地元車はさすがに迂回するわけだ。 どうやら田代平の方は問題なく通行できるようなので、無理せずロープウェイまで引き返す。 ここで、…

10/29〜30 秋の青森旅第2弾 蔦温泉と奥入瀬写真旅(その1)

10月終いの週末は名残の山景色と蔦温泉へ。 金曜の仕事を青森で切り上げて前泊する。いつもの寿司屋で軽く1杯、蒼川とイワシの造り。 明くる朝、折しも東京からの夜行バスが続々と帰着する青森駅からリゾートしらかみで出発…新青森駅まで。 以前はこの区間で…

10/22 冬の足音感じる秋田駒ケ岳へ(その2)

いつもの急登を行き切らさない程度にゆっくりと登り、時折振り返って満足感に浸る。分岐に到着してびっくり。 阿弥陀池は半歩進んで冬になっている。 日陰には雪が残る。岩手山は、ちょうど8合目ぐらいで不思議な境界線になっててその上は不明瞭 転じてみれ…

10/22 冬の足音感じる秋田駒ケ岳へ(その1)

八甲田山から明け1週間、さすがにそろそろ最終戦かと水曜あたりから天気予報を注視しつつ、南下しての磐梯&安達太良山あたりに狙いを定める。しかし現実がついてくることはなく・・・金曜に残業を食らいのストレス発散の一杯で早朝発は叶わない。 風はある…

10/15 秋の青森旅第1編 晴れ渡る八甲田へ(その2)

避難小屋で暫しの休息をとり、13時前に最後の登りに取り掛かる。 徐々にモヤかかり、少しずつ雲も出ているけれど、まだまだ絶景の山頂が楽しめると期待して。 最後は丘を登ると感覚で。でも、北側の尾根なので陽当たりが悪くもう雪がさっくりと。 こちらを振…

10/15 秋の青森旅第1編・晴れ渡る八甲田へ(その1)

遅れ気味とはいえ、秋は深まり紅葉は進んでいく。そろそろ今シーズンも登り納めの季節と悟り、職場メンバーで八甲田登山へ。 9時半に酸ヶ湯温泉集合なので前泊せずに早朝出発、6時に出れたのでできる限り高速を使わず朝の空いた下道を北上する。安代まできて…

9/24〜25 房総の海宿、背伸び旅(その4)

房総半島2日目の観光は大山千枚田から。ちょうど彼岸花が見ごろということで。 細くくり抜かれたトンネルの国道を進み、内陸部へ。 途中休憩のセブンイレブンでご当地アイスをみつけ怖いもの見たさで手に取る。 ドラゴンフルーツのシャーベット 果肉が白い、…

9/24〜25 房総の海宿、背伸び旅(その3)

釣りから戻って18時きっかりから夕食スタート、アワビの踊り焼きがスタンバイですでに感動していると、舟盛りがどーんと登場伊勢海老さんこんにちは。 どの刺身も脂がのっててとろっと甘くて港町やっぱり偉大であると。築地は集積地に過ぎない。 タコをドレ…

9/24〜25 房総の海宿、背伸び旅(その2)

いすみ鉄道の急行列車で大原までの1時間、束の間タイムスリップへ。 列車は2両だけど、大原方のキハ28は「レストランキハ」と銘打った企画列車で普通に乗れるのは52の方のみ。(ちなみにこのレストラン、16,000円〜とちょっとなかなか手を出せない値段…それで…

9/24〜25 房総の海宿、背伸び旅(その1)

秋旅は続き、今週末は房総半島へ。 旅先が千葉はなかなかイメージつかず。東京から地続きで、おそらく舞浜あたりがその代名詞のような気でいたから。 でも、神奈川の奥地、丹沢や箱根は観光地だし千葉のそれも足りうるはず。 偏見を少しずつ修正しながら、で…

9/10〜11 大阪ほどほど食い倒れ紀行(その2)

前日から難波のゲストハウス…は混沌としている気がしたので無難にカプセルホテルに滞在、翌朝はベタな大阪観光やったこと無かったので知り合いに案内してもらう。 午前中は通天閣に向かうため、新今宮駅まで南下する。 駅が近づくにつれて、なんだろう、東京…

9/10〜11 大阪ほどほど食い倒れ紀行(その1)

知り合いの結婚式出席がメインの大阪行き、8月9月と遠出が重なって多額の赤字を計上しているが、それでもやっぱりめでたいものには巻かれたい。 まずは花巻空港へ、なのだが空港行きのバスの時間を勘違いし乗り遅れ。JR花巻空港駅まで普通列車で南下してそこ…

8/27〜28 福島古民家の宿で束の間の休息

8月最後の週末は、期末に追われる平日から逃げ出すべく福島の古民家宿へ。 つらつらと記事に重ねた通りバスを乗り継いでもはや見慣れた光景、小野新町へ。 ここで東京組と合流しての昼食、町の名物ラーメン店へ。 14時前で空いてると思いきやのほぼ満席だが…

高速バス乗車記録 ドリーム盛岡号 盛岡→東京

高速バスドリーム盛岡号 2016年9月23日 盛岡駅東口23:10→6:05+1 東京駅日本橋口 国際興業 運行便 上京手段の常となりつつあるドリーム盛岡、今回はJRバスと国際興業の日だったので後者の4号に。 直前発券だったけど窓側を確保 発車20分前にはすでに入線済み…

8/11〜14 晩夏の北海道を巡る旅(その6)

北海道滞在最終日はがっつり登山、登った後に買い出し行きたい街もあるので早々に出発と。 5時に目覚めて抜け足差し足忍び足で玄関下って身支度整える。 宿を出てすぐのところ、朝日のシルエットに今日の目標が。 真狩に下る道の途中、セブンイレブンでパン…

8/11〜14 晩夏の北海道を巡る旅(その5)

旅の3日目はまず一路新千歳空港へ。 そこからはひとり旅、どこに行くかも特に決めていなかったけど、台風近づいていて万一明日夜の船が出ないとすると…函館から津軽海峡いつ渡るかのせめぎあいになるこで富良野方面は遠い。さればとニセコへ。旅宿も予約済ま…

8/11〜14 晩夏の北海道を駆け抜ける旅(その4)

坂道を登りきって摩周湖へ到着、予想通りきりもなく澄み渡った姿をみせてくれる。奥には斜里岳もで靄さえかかっておらず、こんな綺麗な場所だったとは。 少し先の遊歩道ある展望台にも行ってみる。カルデラ湖だから切り立った崖っぷちなんだけど、なんだろう…

高速バス乗車記録 アーバン号仙台→盛岡

高速バスアーバン号 2016年9月19日 広瀬通一番町17:05→19:25盛岡駅西口 岩手県交通運行便 ちょうどのタイミングで広瀬通についたので、信号走って渡って待つ。 連休最終日の下りなのでかなり混んでる、最悪補助席でも乗れればいいやと思っていたら、意外と空…

高速バス乗車記録 仙台ー山形線

仙台ー山形線 2016年9月19日 山交ビル15:53→17:02 広瀬通一番町 宮城交通運行便 ビエンナーレをひと通りみると予想通りまる1日、市南部の芸大と藝術学舎の展示は疲れたしパスして予定の便で盛岡帰ることにする。 乗れるなら始発からが鉄則なので山形駅近くの…

高速バス乗車記録 仙台→山形

仙台ー山形線 2016年9月19日 広瀬通一番町8:45→9:52山形駅前 宮城交通運行便 アーバン号降りた向かいのバス停で山形行きを待つ。多少遅れて来るのだろうと思っていたら43分ごろにバスが到着、バス停も列をなしていたが、山形行きに乗り込んだのは自分ともう1…

高速バス乗車記録 アーバン号盛岡→仙台

高速バスアーバン号 2016年9月19日 盛岡駅西口6:10→8:38広瀬通一番町 岩手県北バス運行便 3連休ずっと冴えない天気で山にも行けず、ただ逗留していては腐ってしまうので刺激を求めて山形ビエンナーレへ。 時間は最大限有効に使うべく始発の便で南下すること…

8/11〜14 晩夏の北海道を駆け抜ける旅(その3)

旅の2日目は前夜、旅人の宴で詰め込みすぎと指摘されながらの湖巡り釧路行き。総移動距離300キロ超えてくるので早めの出発 まずはオンネトー 光の具合で七色に変わるといわれるが、色の数はともかく阿寒岳が反射して良い感じに。 差し込む角度がちょうど良か…

8/11〜14 晩夏の北海道を駆け抜ける旅(その2)

苫小牧港で合流して、一路帯広へ向かう。 ざっくり3時間ほど、宿のチェックインに間に合うかどうかであまり余裕はないんだけれども、六花亭のサクサクパイは食べておきたい。 道東道は日高山脈をひたすらトンネルで突っ切ってく。いきなりタワーマンションが…

8/11〜14 晩夏の北海道を駆け抜ける旅(その1)

今年のお盆休みも北海道へ。 2ヶ月前の9時に張り付いてフェリーの足を確保、どこに行くかは直前まで考えることなく。5日前に同行してくれる旅友見つかってそこから道東ルートを組み立てて。 さて、10日は強い心で定時で上がって一路八戸へ走らせる。90分前に…

8/6〜7 高原の里、向日葵の夏休み(その3)

2日目の目的地はまず北八ヶ岳ロープウェイ、天空の坪庭散歩道へ。 雲が見事に整列して国境線みたい。その上にいるのか…どうか微妙だが。 ヤシの木みたいなのあり、奇石多数あり。本音はそのまま登り切って山頂だけど、そうは運ばない。 それでも、高原の散歩…

高速バス乗車記録 アーバン号仙台→盛岡

高速バスアーバン号 2016年9月11日 仙台宮交バスターミナル20:00 → 22:25盛岡駅西口 岩手県北バス運行便 大阪からの仙台経由で岩手帰り。 後半戦は新幹線!…ではコスト削減の意味がない。もちろんいつものアーバン号に乗り込む。今回は先月末分の2枚目が残っ…

高速バス乗車記録 梅田→伊丹空港

高速バス 伊丹空港リムジンバス2016年9月11日ハービスOSAKA15:40→15:56大阪国際空港阪神バス運行便 大阪の帰りは伊丹空港から仙台へ飛ぶ。花巻行きは競争原理なく早割でも25000円超、高速バスで時間はかかるが仙台回った方が安い。 そして、仙台便は今年就航…

8/6〜7 高原の里、向日葵の夏休み(その2)

翌朝は5時半にロビー集合で明野ひまわり畑のリベンジへ出発する。30分ほどで到着すると同じ考えのカメラマンがちらほら。それでも昼間に比べてぐっと少なくのんびりできる。 朝の新鮮な光が嬉しい。 思いっきり空を青く抜いてみたり ミツバチへ必死にピント…

8/6〜7 高原の里、向日葵の夏休み(その1)

ちょっと遠出してでも、旅仲間で夏休み。 清里高原〜八ヶ岳へ1泊2日 夜行バスで上京して銭湯で汗を流して東京駅集合、ここから中央道で清里明野のひまわり畑へ。 夏真っ盛り、そしてこの日から広い意味ではお盆始まって大渋滞に巻き込まれる。道中喋りつつで…

7/30 夏真っ盛りの岩手山へ。滝に打たれて洗う山行

7月最後の週末は恒例の職場イベントで岩手山へ。数年前は登山ほとんど経験なく、ついてくやっとな参加者もいつの間にかガイド代行な役回りに。 プレ秋田駒の時にも書いた通り、岩手山にあまり魅力感じずで決して前のめりではなかったんだけれども、行くとな…

7/16〜18 あずましの国、夏の青森を巡る旅(その4)

3日目のハイライトは奥入瀬渓流、ちょうど緑が落ち着いて深さを増していくころ。 十和田湖側からポイントで立ち寄りつつ下っていく。 まずは銚子大滝なんだけど、このところの雨で思いっきり水が多くて想定外の迫力が。 滝が多くて変化つけたく紫陽花と。 そ…

高速バス乗車記録 ドリーム盛岡号 盛岡→東京

ドリーム盛岡4号 2016年9月1日 盛岡駅東口23:17→ 6:40+1 東京駅日本橋口 JRバス東北 運行便 今回の上京も往路は夜行バスで。 今週中に代休消化しないといけないからと金曜休みを強い心でとる。 金曜朝の新幹線も考えたが、ドリーム号片道6,500円。安いじゃん…

7/16〜18 あずましの国、夏の青森を巡る旅(その3)

黒石市街から青荷温泉へは小一時間、十和田湖に抜ける道から分かれて一気に深みへだけれども、舗装はされているので対向車なければ運転し易い。 駐車場から急坂を下り歩いて青荷温泉に到着、この玄関の向かいにも温泉あり。 ささやかな湯めぐりも楽しめる。 …

高速バス乗車記録 仙台→小野インター

高速バス仙台ーいわき線 2016年8月27日 広瀬通一番町10:49→ 小野インター JRバス東北運行便 仙台で約30分の乗り継ぎ、こちらの路線は宮城交通が関わってないこともあり東口の発着なので予約は広瀬通から。 近距離路線だが、震災の影響で常磐線が不通になって…

高速バス乗車記録 アーバン号 盛岡→仙台

高速バスアーバン号 2016年8月27日 盛岡駅西口7:40→ 10:08 仙台駅前 岩手県交通運行便 今週は夏旅締めくくりで福島へ。年末以来の古民家の宿 前日のうちに青森づくりと嶽きみを仕入れて荷物の過半を占めている。 昼食を小野新町でなので逆算すると…やっぱり…

7/16〜18 あずましの国、夏の青森を巡る旅(その2)

2日目はいよいよ青池へ。それでも…天気はどんよりと。かろうじて雨が降って…いる。 一縷の期待を持ちつつ、奥十二湖の駐車場向けて標高あげていく。 途中で幻想的な光景が。霧中に鏡の如く。 車を停めて奥へ。いよいよ青池… うん、確かに青い池。日が差して…

7/16〜18 あずましの国、夏の青森を巡る旅(その1)

7月の3連休は青森へ。 今回は旅のメンバーを募って全国各地からお出迎え。 この時期ベストな自信ありのコースを巡ります。青池とか田んぼアートとか奥入瀬とか。 疲れ果てたけど良い旅に。 結果オーライ( ´ ▽ ` )ノ スタートは新青森駅、まずは市内で「のっけ…

7/2〜3 出羽三山、修験の地を巡る旅(その3)

大進坊を発って羽黒山の石段へ。 雨で適度に湿り照り返す門構えが美しい。 出足下っての五重塔へ。 緑のなかに荘厳な佇まい。何度見ても飽きないこの存在の大きさ。 何かを主張するでもなく佇んでいる感じ。 ここから約2500段の石段登り。 途中うさぎや酒盃…

駅弁収集その5 大館駅「唐揚げ鶏めし」※やや番外編

今回は少し番外編、駅ではなくスーパーで買ったもので。 弘前のスーパー、伊徳アルカディア店で昼食に購入、ここは秋田のまさに大館の企業なので駅弁鶏めしを取り扱っている。 ただ、やっぱりスーパーの普通の弁当と比べると割高感否めないわけで、ちょっと…

高速バス乗車記録 ドリーム盛岡号 盛岡→東京

高速バスドリーム盛岡号 2016年8月5日 盛岡駅前22:40→5:55+1 東京駅日本橋北口 JRバス東北運行便 夏休み前半戦は高原野菜の里を巡る旅、休みを取って前入り東京観光を目論んだがそんなに甘くはなく…金曜の夕暮れまでがっつりと出張に。 土曜朝一に東京駅とな…

7/2〜3 出羽三山、修験の地を巡る旅(その2)

暴風突風の中、月山神社まで到達、土曜日とはいえやっぱりこの天気では訪れる人少なく境内には自分たちのパーティのみ。 お祓いを受けて参拝する。ちょっとだけ期待してたお神酒はこの日はなく… 塀で風が遮られているので、落ち着いてあたりの景色も俯瞰でき…

7/2〜3 出羽三山、修験の地を巡る旅

7月最初の週末は山形へ。 昨年、月山→鳥海山の弾丸山行したけれど湯殿山には立ち寄らず。 リトライで三山に宿坊泊を加えて本格的な観光ツアーに仕立てる。 前夜はあまり眠れず、それでも日光で「強制起動」させて5時に盛岡を出発、東北道を南下して仙台駅で…

駅弁収集その4 仙台駅「牡蠣と炙り煮あなご弁当」

たまにの仙台出張、空いた時間に杜の都を散策し、気づけば昼下がりに飯忘れ。仙台駅の売店で慌てて購入はこちら。 仙台の駅弁屋が作ってるみたい。割に軽い、器が小さい(笑) 気になる中身はこんな感じ。 しっかり煮込まれた牡蠣に、香ばしさ感じるタレを纏…

駅弁収集その3 盛岡駅「三沢八戸弁当」

今回も昼食は新幹線で。 盛岡で駅弁をチョイス、ありきたりのNREにはやっぱり手が伸びず、ローカル感漂うこちらで。 三沢八戸弁当、包みも簡素でフランス国旗を鏡返ししたトリコロール。謎は深まるばかり。 中身は鯖と烏賊がずっしりと。 鯖は軽く炙ってて香…

高速バス乗車記録 アーバン号仙台→盛岡

高速バスアーバン号 2016年7月10日 仙台宮交バスターミナル16:00→18:45盛岡バスセンター JRバス東北運行便 仙台はさくっと用事を済ませて長居はせず、まだ混み始めていないと踏んで16時発の便に合わせてターミナルへ。 しかし、完全に予想は外れる。いつもい…

高速バス乗車記録 アーバン号盛岡→仙台

高速バスアーバン号 2016年7月10日 盛岡バスセンター10:00→12:32広瀬通一番町 岩手県北バス運行便 さて、久々の高速バス旅なのだが、このブログの上位記事がだいたいこのシリーズという想定外なことに。 備忘録程度で大して細かいことは書いてないし、今後も…

6/19 花シーズン終盤の森吉山へ

このところ毎週末登山しているが、相変わらず。 今回の狙いは森吉山、盛岡からは田沢湖経由で片道3時間と出てくる。 5時過ぎに出発し、閑散とした仙岩峠を越えて秋田内陸線に並行して北上していく。 阿仁の道の駅を越えて、トンネルの手前を右に折れるとスキ…