岩手から旅日記・大阪編

週末、東北をあちらこちら。→17年春から大阪へ。

5/7〜8 あけぼのと竜飛崎の旅路(その1)

GWの中国帰り、金曜一旦仕事して、余った土日、日曜は晴れると。
いまのうちに「左の先っぽ」竜飛崎まで行ってみるべさ、飛び乗って。

ついでに気になってた小坂鉄道レールパーク(筋肉痛が痛い二重ことば)のレールホテルあけぼのも絡めてみる。
前日夜にネットで空き検索、意外や意外間も無く満室とな。A個室でゆったりを夢見たものの、空いてたのはBソロ上段のみ。ともあれ、ドミトリーと思えば相応なん値段だし予約しておく。

翌7日は朝から色々済ませて夕方出発、下道でのんびり2時間半走り、18時ごろに小坂鉄道レールパークに到着、ホームには確かにブルトレが!

f:id:islandernx:20160515234038j:image
f:id:islandernx:20160515234100j:image

駐車場には先客8台ほど。受付済ませて今宵の寝床、Bソロ上段へ。
入ってみると、あわわー予想以上に狭い!でもよく良く座ってみるも機能的でちょっとした秘密基地の気分。
夕暮れまでのんびりと読書、帳がおりるころ近くのコンビニでビールを調達し、B開放寝台でのんびりと晩酌に。
どうやらまだ整備中の部屋も多く(いざ入って電気つかない→部屋替えみたいなやりとりも聞こえてきてた)車の台数からみても、7割くらいの稼働率で回していたようだ。

f:id:islandernx:20160515234159j:image

f:id:islandernx:20160515234203j:image

f:id:islandernx:20160515234225j:image

10時消灯なので、寝台に戻り本を開きつつも早々に横になる。

意外と壁が薄いらしく、下段からの地響きが少し気になる…実際走ってるならばレールの音もあって問題ないのかもしれないが。

とはいえ、気づけば朝に。
少し眠りは浅かったがのんびりと目覚め、レールを眺める。

7時過ぎまで心地よく二度寝して、朝食は注文していた大館駅の鶏めし弁当を。
あけぼの専用パッケージっていうちょっとした遊びゴコロである。

f:id:islandernx:20160515234249j:image

鶏肉はしっかり味が付いてて美味い。ご飯がちょっと甘すぎて朝食には重かったが、駅弁こんなものだろうと。

名残惜しいが、この後さらに北上するので8時過ぎに出発し、坂梨峠を越える。