読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩手から旅日記

週末、東北をあちらこちら

5/7〜8 あけぼのと竜飛崎の旅路(その2)

ただひたすらに下道を北上し、五所川原津軽金山焼の工房へ。
ビアグラスとコーヒーカップが欲しかったのでササっと見て回りお買い物、安くはなかったけど長い目でみれば。

辺りは満開のリンゴ畑、緑が多くて桜とは違った味わいがある。

f:id:islandernx:20160518224313j:image

広域農道を進んで、日本海側へ。
そして十三湖、しじみを売る露店が並ぶが集客は果たして。

f:id:islandernx:20160518224325j:image

集落外れの丘を見てびっくり。新緑の季節、丘の上から緑に染まり始めている。
海風受けて、季節が逆転してるのか。

f:id:islandernx:20160518224345j:image

小泊の道の駅で小休止、海峡ドックなる思い切りと勢いに溢れたグルメを買ってみる。
食べにくさはあるけど、アイディアの勝ちということで。

f:id:islandernx:20160518224359j:image

から揚げのイカが柔らかく、くどさはキャベツと玉ねぎのマリネが中和してくれる。

f:id:islandernx:20160518224412j:image

道の駅でこういうのに出会うと楽しくなる。

ここから先は「竜泊ライン」という絶景ルートへ。海辺とヘアピン峠道を繰り返して竜飛崎を目指す。

f:id:islandernx:20160518224423j:image

出発早々、欄干にカモメとウミネコが整列してて、写真をと近づくも警戒感なく。かなり至近距離まで。人に慣れてるのだろうか。

f:id:islandernx:20160518224439j:image

交通量も少なく、快適な道。車だがらこそ楽しめる(チャリだとめげる)、春空に緑が輝く。ついつい脇見しそうになる。

f:id:islandernx:20160518224452j:image

f:id:islandernx:20160518224508j:image

峠には展望台、残念ながら北海道はごくごく薄っすらと。写真では厳しい。
雪の駒ヶ岳?が拝める。

f:id:islandernx:20160518224521j:image

駆け下りての竜飛崎へ。
どこから寄るか迷うもまずは正統に竜飛崎灯台へ。本当の突端は自衛隊のレーダー鎮座、とにかく風が強い。

f:id:islandernx:20160518224539j:image

少し戻って階段国道、入り口にど迫力(遠慮ない音量)の津軽海峡冬景色でちょっと心臓に悪い。
階段国道は読んで字の如し。

f:id:islandernx:20160518224603j:image

それ以上でも以下でもないが行っておくことに意義がある。のんびりと1往復して、青函トンネル記念館へ。