岩手から旅日記・大阪編

週末、東北をあちらこちら。→17年春から大阪へ。

高速バス乗車記録 ドリーム盛岡号 盛岡→東京

高速バスドリーム盛岡号

2016年8月5日

盛岡駅前22:40→5:55+1 東京駅日本橋北口

JRバス東北運行便

 

夏休み前半戦は高原野菜の里を巡る旅、休みを取って前入り東京観光を目論んだがそんなに甘くはなく…金曜の夕暮れまでがっつりと出張に。

土曜朝一に東京駅となると他に選択肢がなく、久々に夜行バスで上京と。

1週間前にかろうじてチケットを確保、運良くキャンセルのタイミングに当たったのか1号車窓側をあてがわれる。

 

***

 

当日、22時頃に盛岡駅着、乗車前に軽く軽食とアルコールを摂っておきたいが短時間でパッと入れる飲み屋もなく、ローソンでビールと唐揚げ調達し、広場でさっと5日間の疲れを流す。

 

22:15過ぎに1号車のJRバスが入線、車番を確認すると2016年式のバリバリの新車で運が良い。

 

f:id:islandernx:20160807180039j:image

 

ちなみに2号車は岩手県交通便

f:id:islandernx:20160807213319j:image

 

到着後程なくして改札が始まるが、1号車と2号車を間違えて並んでたり、乗り込んでたりであたふた。

結局、10分遅れでの出発に。車内はびっちりと満席

バスは走行距離2万キロなので、まだまだ20往復足らずとピカピカ。

コンセントもついてて、これでもかとリクライニングする。思ったより快適な空間

 

高速に入ると程なくして消灯、ビールの微かな良いに身を任せつつ瞼を閉じる。

が…寝れない。

三本木PAで一旦停車、そのあとも何度か…

起きてるような寝てるような、浅い睡眠を続けてちょっと深くなり、朝のアナウンスで目覚める。5:15頃に王子駅前到着

 

まだまだ車少ない都内を快走し、東京駅にはほぼ定刻に到着した。

 

f:id:islandernx:20160807214106j:image

 

汗を流そうと御徒町の「燕湯」へ。湯はがっつり熱くて堪らないが早朝から営業している貴重な存在

 

f:id:islandernx:20160807213920j:image