読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩手から旅日記

週末、東北をあちらこちら

高速バス乗車記録 アーバン号仙台→盛岡

高速バス(東北)

2017年1月4日

仙台宮交バスターミナル12:00 →14:23 盛岡駅西口

東日本急行 運行便

 

GWと同じく関空へ帰国して、仙台経由で盛岡に戻る。今回は費用の関係で伊丹経由になった(ピーチとJALでは後者の方が安かった。ブランド力恐るべし。)が仙台からのルートは同じく。1時間半3,500円ならば時間価値も割に合う。

 

今日からは官庁はじめ社会は動き出しているのでさほど混まない…との楽観的な予想はあえなく外れ、やっぱり大学生風の利用客で賑わっている。

乗り継ぎの都合でちょうど入線したころに到着したわけだが、30数番目の「定位置」に辛うじて滑り込む。

 

f:id:islandernx:20170104135801j:image

 

車両は15年式前後と思われる。

11列補助席つきのアーバン号では標準タイプ、通路側に落ち着く。乗客は合計で35名ほどか。広瀬通からの乗車はなし。

 

そしてこのバス、運賃表の装備がなく、ファイルに挟んだ紙で代用、ETCレーンを通らず通行券を使って…つまり貸切車両の応援と思われる。車両点検の都合か、はたまたないと思うがアーバンに続行だして車両足りず回したか。

 

車両自体は新しいので乗り心地は快適そのもの。まだまだ睡眠不足は解消されず、気づけば途中休憩に。

ここからの岩手県区間も驚くことに雪がない。茂みの奥にかろうじて、と丸でひと月前の様な光景でそんなに暖かかったのかと(いや、落ち着いて考えると十二分に寒い)

 

そんなわけで冬季ダイヤ何処吹く風で早着の盛岡駅へ。

15分後に発車する仙台行きを待つ長蛇の列に迎えられる。これ、補助席でも収まらないような…続行でてればとねがうばかり。

 

f:id:islandernx:20170105221614j:image

 

折しもみちのく号が続行従えて大館から到着していた。アーバン号もぜひ、続行なら増便なりお願いします…