岩手から旅日記・大阪編

週末、東北をあちらこちら。→17年春から大阪へ。

6/16〜17 どこかにマイル旅⑤ 沖縄24時間まち歩き(その2)

この日のうちに、那覇市内の観光地はあらかたみておこうと。日曜日は昼前の飛行機なので、実質土産ものの買い出しレベルになってしまうので。

 

f:id:islandernx:20190505215358j:image


やっぱり写真だらけのけばけばしいガイドブックは苦手だ。せめて「ことりっぷ」ぐらいには品のある体裁でお願いしたい。ただ、これとて女性向けなので、カフェと工芸品がメインになってくる(逆に、カフェだらけになってるエリアはあんまり見所ないんだな、っていうシグナルでもある)

 

そんな感じの、相変わらず斜に構えた?捻くれた?精神で街歩きへ。

 


とりあえず国際通りから公設市場の方面に抜ける。

大阪御堂筋と同じで、ひしめくドラッグストア、九州系から大阪のダイコク、サッポロドラッグまで全国各地からインバウンド目当てで集まる。台湾からは一番近い海外、中国からもクルーズ船でお値打ちな旅

大阪ほどではないが、歩いてると中国語も結構耳に入ってくる。

 

f:id:islandernx:20190505215543j:image
どことなくクラシカルな(たぶん年式だと90年代半ばなので軽く20年選手)のバスをみると、大学生の頃の印象と重なる。フルカラーLEDの最新式も普通に走っているわけですが。

f:id:islandernx:20190505215604j:image

 

公設市場までの通りは、前からの印象とは変わらない、ああ沖縄に来たんだ!というアーケードの風景が広がる。その印象は、小学生で初めて来たころから同じような気がする。記憶は書き換わるものなのは解りつつ。

 

f:id:islandernx:20190505215636j:image
昔ながらの和菓子屋さん的佇まいの「松原屋製菓」で職場おみやげ用にちんすこうをまとめ買い。お土産屋さんの、カラフルで適度な歯ごたえのそれならどこでも帰る。たぶん、本来の姿は、ちょっとパサパサで月餅みたいな形のここで売ってるやつ。団体観光には、もう迎合しない。

 

f:id:islandernx:20190505215706j:image
f:id:islandernx:20190505215709j:image
ふらっと入ったスーパーで、バラの角煮と豚足がどーんと積まれてたり、八百屋にヘチマが並んでたり。九州から台湾まで、南国・海外へのグラデーションの只中にいるなって!

公設市場のなかは、まま一部の精肉鮮魚店以外は観光客向けなので、ささっと見る程度に。

 

f:id:islandernx:20190505215744j:image
f:id:islandernx:20190505215741j:image

沖縄産の魚たち、うん、やっぱり寿司ネタっぽくはない。アカサバ、美味しいけどね。ちょっと片隅で、こんな店見つけるとああ、市場って面白い!ってなる単純なわたし。

 

 

f:id:islandernx:20190505215822j:image

 


さて、さらに奥へ進んでいきます。