岩手から旅日記・大阪編

週末、東北をあちらこちら。→17年春から大阪へ。

5/27〜28 富士山麓の夏酒合宿(その1)

暖かさが少しずつ暑さにかわる、初夏という季節に(そして、これを書いているのは夏の盛り。。。ではあるが)、夏酒をもって、富士のふもとへ。

西から東から、酒飲みが集まって、合宿と称した酒盛りを開催するという。

 

まずは名古屋へ移動、定石はチケットショップでアーバンライナー回数券だが、集合時間が早いので、新幹線でワープするように一気に移動する。1週間前までにかっておく自由席往復券で、アーバンライナーの正規料金と同じくらい。即ち、割高ではあるけれども、片道半分なら。ともかく、朝7時につくすべはこれぐらいで。

 

 

新東名を上って一気に沼津へ。その手前、見えてきました富士山

思いのほか、雪がなくてちょっとイメージとは違うけれども、まぎれもなく世界遺産の山

 

f:id:islandernx:20170801080453j:image


沼津で東組と合流して、港でお寿司のお昼ご飯。

f:id:islandernx:20170801080639j:image

 

f:id:islandernx:20170801080743j:image

 

観光客ホイホイな魚市場だけど、少し格式高そうな「双葉寿司」に背伸びして。
もはや爪先立ちになっちゃうけど、地魚の握り盛り合わせに。
やっぱり美味しいものは、裏切らない。
金目鯛の炙りが別格でした。

 

f:id:islandernx:20170801080528j:image

  
そのまま市場をぶらふら。
試食で焼ける干物をつまみつつ(七輪で広がる匂いで更に呼ぶ、良くできた仕組み)、晩御飯にサザエ欲しいよねと買い込みつつ。

おしゃれな稲荷ずしの店が異彩を放つ。

 

f:id:islandernx:20170801080841j:image

f:id:islandernx:20170801080936j:image


さらに肉を買い込んで、山を登る。
富士南麓の「ぐりんぱ」トレーラーハウスが今夜の宴会場


かわいい遊園地の後背地に広がる、家族向けのキャンプ場で酒を並べてテンシ

ョンあがる大人たち。
酒にこだわる連中が集まると、皆走りすぎて、とんでもないラインナップになる。今回もその定石通りに。空に紀土に…持参した赤武も負けてないはず。

 

f:id:islandernx:20170801081127j:image

 

バーベキューは炭火に網敷いて、ではなくアメリカンなガスで庭先にてなマシンを使って。なるほど、どの火力で、どう焼くか、そして蒸すか・・・コンクールが開かれる理由がわかる。

 

f:id:islandernx:20170802073831j:image

 

呑んで、食べきって。また飲んで、少し休んで残りを。ライフゼロになったらそ
のまま奥へ。途中星空もそれなりに見えていたらしいが、情熱は酒で燃え尽きていた。