岩手から旅日記

週末、東北をあちらこちら

11/3〜6 秋の青森第3弾、津軽海峡はしご旅(その4)

紅葉の名所だけど、もしかしたらもう終わりかなと思いつつ大沼へ。
レンタカー借りたら、なんとなく100キロぐらいは走っておきたいよねという思いもあり。

夕暮れ前にして、でも雲が厚くて焼けそうにはない。

f:id:islandernx:20161129063253j:image

 

駒ケ岳は見事に雪化粧して、手前の木々は桜でいうところの花吹雪

 

f:id:islandernx:20161129063312j:image

 

骨格と風景のコントラストを狙う。
色々と
歩いて回ると構図が尽きないような気もしたけれど、ラッキーピエロを逆算すると時間がないので
ささっと切り上げて、次へ。

f:id:islandernx:20161129063337j:image

 

というわけでの峠下総本店、インテリアも総本山、なんでもあり。

 

f:id:islandernx:20161129063359j:image

 

f:id:islandernx:20161129063417j:image
遊園地のようでもあるし、ともすれば物置小屋に迷い込んだようにもみえる。

メニュー表は「本日は人気の限定メニューで営業しています」とごく一部だけのメニューが
載っているだけで、狙っていた組み合わせができずしばし困惑も、レジに並んでみたら、いたって普通のメニューで頼める様子、
チャイニーズチキンバーガー+ハンバーガー+ラッキーガラナの組み合わせ
チキンはやっぱり発つ前にもう一度食べておきたかったのと、ハンバーガーの肉ぎっしり感もどうも捨てがたく、
この組み合わせをやっておきたかった(セットにしても、ポテトには惹かれないので値段少し高くても、ね)

 

f:id:islandernx:20161129063439j:image


さすがに夕方なってすきっ腹でもあり、さくっと平らげて、
そういえばとまだ行っていなかったセイコーマートへも。
サッポロクラシック富良野ビンテージを6館パックでまとめ買い。
スーパーの特売ほど安くない(1000円は切らない)けど、コンビニにありがちな「定価」よりは安い、
1100円切るぐらいだったので、ある意味最強のインフラで絶えることはなさそう。
いつの間にか、社名が「セコマ」になってたけど道民はこう略しているのか?
うーん慣れない、でも、短くしたくなるのもわかる。

レンタカーを返して、新幹線で青森に戻る。
富良野の味が気になって、早速紙をほどいて1本目
クラシックの軽さ+後に抜ける香りで確かに美味しい。
このところ、ノーマル品は普通に道外で売ってるので限定の意味?
(いや、そうしないと10何年連続売上増はできないだろう)なので、地酒を手に入れたのと同じよろこび。

青森でまた軽く飲んで、この2日で魚貝は食べつくした感ある。