読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩手から旅日記

週末、東北をあちらこちら

高速バス乗車記録 伊丹空港行き&春の風景

2017年5月19日

大阪マルビル 13:15→13:44 伊丹空港

大阪空港交通 運行便

 

春恒例の旅宿山菜パーティーへ3年連続の参戦、大阪からでも空路をマイルで浮かすことがてきればすぐそこ届く距離である。

ひと月ぶりの盛岡なので折角だから前日入り。午後休を取ってバス停に駆け込む。いつものハービスを経由しない便だが、これに乗らないと間に合わないので駆け足でマルビルの空港バス乗り場へ。5分前のちょうど入線してきたところだった。

 

大阪空港交通の標準11列シート車、昼の時間帯ゆえさほど混んでおらず。前8割を使って、後ろの方は空席のまま。つまり20名弱といったところ。

所要時間は30分だが、その半分を下道に費やす。大阪駅を裏側に回り込んで、踏切を渡る。福島方面に向かって左に折れて、駅手前のランプから11号池田線へ。渋滞しているわけではないが、交差点を左右に曲がりつつなので曲がって進んですぐ止まる、の繰り返し。

半を回る頃にようやく阪神高速に乗る。朝晩などで混んでいるとバスでのアクセスは不安が残るルートだ。

高速に乗ればあとは問題なく。一路北上して10分ほどで空港ランプを通過、左手にANAの様々な機体が。マイレージもあって最近はもっぱらJALLCCで縁がないのだけど。ANAがいてくれるからJALが安くなる。東北行きでも、花巻とそれ以外を比べれば明白であると。

 

f:id:islandernx:20170521181557j:image

 

工事で場所がJAL前に移動したバス停には定刻で到着したが、朝の便はハービスからの直行便か、阪急+モノレールの選択肢が手堅いと思えてきた。

 

f:id:islandernx:20170521184728j:image

 

 

伊丹空港を飛び立って、一路花巻へ。

 

f:id:islandernx:20170521184840j:image

 

離陸後大きく回り込んで琵琶湖の方へ向かう。奥の方に、あべのハルカスも確認できる。

 

f:id:islandernx:20170521184928j:image

 

琵琶湖上空から。右下のグランドらしきものは栗東トレセンだろうか?

 

f:id:islandernx:20170521185033j:image

 

残雪残る焼石岳を過ぎて、北上盆地の散村風景が広がる。上空からだとその特徴がよくわかる。

 

花巻着いたら、その足でマルカンデパートへ。

 

f:id:islandernx:20170521185321j:image

 

f:id:islandernx:20170521185330j:image

 

がっつりといきすぎて、名物にはたどり着かず。

  

2/11〜12 なまはげ&ハチ公のふるさと 東北冬まつり巡り(その2)

あくる朝は少しのんびりと。隣接する温泉が開くのを待って汗を流す。
目的地の大館までは70キロほど、冬道なので2時間弱は見ておきつつ、少し余裕があるからと大潟村に寄り道。この道の駅が意外と興味深い。

f:id:islandernx:20170513224450j:image

 

f:id:islandernx:20170513224424j:image

 

まずは、路線バスを改装したラーメン店がお出迎え。ナンバーもついていておそらく普通に自走できると思われる。
物産も充実していて、野菜(ただし、この時期なので少しさびしい・・・しかし、相場はかなりお値打ち。春先になるとかなりの品揃えになると思う)に加工品、お菓子もそろっている。申し訳程度に、地酒も並んでいるが、この村に酒蔵があるわけでもないので、基本は専門店にてが良いのかな。酒米の一大産地なのかもしれない。

 

何より、その先の郷土資料館&ちょうどやってたチューリップ展が興味深い。

 

資料館で歴史を学び、即興で知識をつなげると、要するにポルダーを模してチューリップの栽培を村おこしに。
戦後に八郎潟を埋めて作った土地ゆえに歴史がなく、自らの手で国土を造ったといわれるオランダに倣っての活性化策は的を得ている。

 

f:id:islandernx:20170513224515j:image

 

f:id:islandernx:20170513224527j:image

 

 

数々の品種が並ぶ中、「ハウステンボス」もその隊列に。
リゾート地としてネーミングを買った背景も華やかな花弁を比較すればよくわかる。彼の地はHISが買収してから何とか再生を果たしたけれども、まだチューリップ祭やっているのだろうか?

 

予想外の長居をしてしまったが、先に進む。田舎館のアートは少し厳しいだろうと踏んでいたのでそこで巻き直せると折り込みつつ。

 

f:id:islandernx:20170513224550j:image

f:id:islandernx:20170513224615j:image

大館のアメッコ市は、メインストリートに飴屋+お祭りな露店が並ぶ、といえばそれだけのイベントだけれども…古くからの由緒あってかつ、飴を枝に括り付けた飾りが画になる。

無病息災への祈りがまさか甘いものにたどり着くとは。貴重だったゆえの特別なものなのか。それにしても、やっぱり不思議。

 

来たからには飴を買って帰りたい。かといってどこの駄菓子屋にもありそうな色と香り付けたソーダだのメロンだのは興味がない・・・


いいものを見つけた。食用ホオズキ

南に下った上小阿仁村の特産品で、ミニトマトのようで、印象深く残る独特の味わいがある。そのまましっかり飴になっていた。


15個ぐらい入って100円、リーズナブル

 

f:id:islandernx:20170513224715j:image

 

大館といえばハチ公のふるさと。秋田犬はみんなの人気者
忘れてはならぬ駅弁「鶏めし」この祭り限定品は地元小学校とコラボ

 

f:id:islandernx:20170513224731j:image

f:id:islandernx:20170513224906j:image


550円は安い!帰りの新幹線でいただきました。
内容はそれなりに簡素なんだけど、独特の甘い炊き込みご飯をさっぱりさせてくれるネギだれ味のから揚げが嬉しい。煮込みハンバーグも給食を思い出す。

 

大館駅の像に挨拶して、弘前へ。


この先はJRが大雪でタクシー代行になっていて気を引き締めつつ。高速もやはり除雪追いついておらず、重い雪にハンドルを持って行かれそうになる。

 

 

田舎館の田んぼアート・冬編は予想通り積もった雪に埋もれてほとんど跡形なし・・・夏編と違っていかに刹那なものか。

 

 

夕暮れとともに弘前市内へ。車を返して弘前城へ向かう。

 

f:id:islandernx:20170513224944j:image

 

f:id:islandernx:20170513225115j:image

 

f:id:islandernx:20170513225003j:image


雪灯篭祭り、写真の技量が追いつかずで恥ずかしい限り、現物はこんなものではない。でもやっぱりここは桜と紅葉の時期かな。たぶん、横手のかまくらが至高だろうと。

 

この時間ではヨーデル号なく、新青森経由で盛岡に帰る。


そしてまた、月曜からは仕事場としての、青森へ。

2/11〜12 なまはげ&ハチ公のふるさと 東北冬まつり巡り(その1)

長い東北の冬も2月になると気候が安定してくる、らしい。雪も潤沢なこの時期にまつりが重なる。

たぶん、今回が最後の冬と悟り(これまでも思い込んでいたわけだが、3度目の総仕上げ。そしてその通りに。)手が届くうちにと、なまはげ〜アメッコ市〜雪灯籠をつなぐ年に一度の旅を組む。東京からきて来れた旅仲間に感謝

 

***

 

金曜に仕事を終えてから秋田に前日入り。始発だと東京からの飛行機と噛み合わない。とはいえ、着いたのは23時過ぎ。眠りかけた川反通り抜けて、安宿へ。

 

風が強い。明日は吹雪くという。着陸出来ない場合のプランも練る。

 

そんな翌朝、やっぱり風強く、雪は舞う。飛行機はどうなるか。上空待機と連絡が入る(機内Wi-Fiでどこまでもネットワークがついてくるのだ)先に車を借りて空港まで走ることに。

 

切れ間を縫って着陸した秋田空港で全員集合となる。どうやら僕らは幸運だった、後続の大阪便は着陸できずに引き返したらしい。

 

そのまま秋田道で市街地をパスして男鹿半島に入る。天気が良ければ寒風山や入道崎を候補になるのだけど、この天気なら、そのまま水族館か。

 

でもまずはこのなまはげさんに、ごあいさつ。

f:id:islandernx:20170428211037j:image

 

約2年ぶりのGAOはもちろんこれといって変わった展示はないのだけど、ちょうど紫灯まつりにあわせて、なまはげダイバー、やってくれてました。

 

f:id:islandernx:20170428211217j:image

 

やっぱりホッキョクグマは冬に見てこそ。

 

f:id:islandernx:20170428211343j:image

f:id:islandernx:20170428211351j:image

 

烏賊を美味しそうと、この場において適切ではない眼差しを送る。 

祭りの日とはいえこの冬に混雑するともない。思い思いにレンズを向ける。

 

今宵の宿はコテージなので、食材を買い込んで。きりたんぽを作ろう。ハタハタも食べたい。燻りがっこも外せない。

あふれんばかりに秋田のいろいろ。

 

荷物を置いて、いよいよ祭りに繰り出す。時間的に厳しいかなと予想はしていたが、案の定臨時駐車場に回される。

バスで少しの時間だけど、帰りが少し、不安だよね。

 

祭りの方は、なまはげっていう俗世と行ったり来たりの八百万の神、酔っ払ったおっちゃんがささっと化身になる日本ならではの世界観を体現している。

外国人もたくさんで、さぞ不思議な世界だったろうと拝察

 

f:id:islandernx:20170504002159j:image

 

f:id:islandernx:20170504002223j:image

 

f:id:islandernx:20170504002234j:image

カメラの方は人ごみとガチ勢で思わしくなかったが、空間を楽しむ祭りと気づけた、そして日本的な八百万を感じられてそれで十分なひと時だった。

 

帰りは予想通りの長蛇の列に苛まれながらも、思うことは皆同じ。バスに乗ってしまえばすんなりと。

コテージに戻って、遅いスタートながら秋田名物を楽しむ宴をば。 

 

高速バス乗車記録 関西空港→大阪駅

2017年4月30日

関西空港リムジンバス

関西空港第2ターミナル22:05 → 23:14ハービスOSAKA

阪神バス 運行便

 

ピーチで松山から到着して帰路につく。JRより数百円高くつくけど、第2から乗り換えなしで近くまで運んでくれるバスはこれから重宝する存在になりそう。

 

夜便のLCCはやっぱり遅れるもので、狙っていた50分発には際どく間に合わず。10分ほど列の先頭で待ちぼうけ。

やってきたのは阪神バス。神戸ナンバーの2012年式日野セレガ

 

同じく松山からの到着組と思われる10名ほどで始発地を発車してメインターミナルへ。バスで10分弱なのでやっぱり離れた場所にある。

 

横付けすると約20名がわっと乗り込んで、その後もぽつぽつ。座席はほぼ埋まる。発車間際になって係員より発券エラーで少し待っての声がかかるも、「すぐ次ありますけん、ええですたい」と20分になった瞬間発車の構え。せっかちな運転手、夜も遅いし早く帰りたいのか、お国柄なのか。

 

 

f:id:islandernx:20170430234952j:image

 

湾岸線をかっ飛ばし、風を切り、時折ファっとブレーキが。おやおや、これは早着かなと。ありがたいけど、ちょっと怖い。眠れそうで、眠れない。ちょっとスピード落としたと思うとちょうど阪神高速降りたところだった。15分の早着で阪急ホテルに滑り込む。あれ?1本前の時間ですよと。その貯金そのままに、ハービスにも。

 

明日の仕事に、早いのはありがたいけれど、安全第一でお願いしたい。

 

高速バス乗車記録 大阪→高松

2017年4月28日

高松エクスプレス大阪27号

JR大阪駅18:50 → 22:10高松駅

ジェイアール四国バス 運行便

 

さすがに今年のGWはカレンダー通りの休みになってしまう。それでもどこかに出かけたい。プレミアムフライデーという早くも死語に向かいつつある言葉の理念を少しだけ胸に、定時で会社を飛び出す。何故か罪悪感を抱えつつ。

それでも身支度しているとこの時間がちょうどぎりぎり、大阪駅直結の乗り場がありがたい。

 

f:id:islandernx:20170428191618j:image

 

ちょうど10分前の18:40に後方待機からのホームに入り改札が始まる。

この後の便はほぼ満席続きだがこちらは適度な密度、前日の予約時点で窓側最後の1席だった。確かに会社帰りでは厳しい時間だと思う。

 

定刻の50分に15名を乗せて出発、すぐに阪神高速環状線に入る。半周回ってOCATのなんばバスターミナルへ。5分ほど小休止しつつ、南側からの乗客を拾う。22名となり扉が閉まって隣席空きが確定、少し緊張が解けて落ち着く。

湾岸線を西にひた走る。工場夜景的な風景とタワーマンションが交錯し飽きない、だがしかし、昼間に浴びた書類の火の粉で消耗し、まぶたも重く…

バスのスピードが落ちた。どうやら神戸で一旦下道に降りたらしい。

 

再び加速してしばし、休憩は淡路島の室津PAにて。四国への高速バスの休憩基地になっているようで徳島行き・高知行きも停車中

 

高松行きも徳島行きもこのルートでバスが活況を呈しているわけで。昔は徳島〜伊丹の航空便もあったらしいからその短縮&経済圏拡大効果は絶大だろう。徳島側は必ずも両手を挙げて賛成ではないかもしれないが。

 

さて、この路線は四国&西日本のJRバス連合と、阪急&四国高速バスの私鉄チームの共同運行になってはいるが、ダイヤの発想はそれぞれの様で後者に比べて今回乗車したJR側は難波以降のダイヤで15分ほど余裕を持っている。組み立て方の違いだろうが、降車始まったあたりでやっぱり早着するんだなと。

 

大阪駅駅側の乗り場も阪急とJRそれぞれでわかりにくい。システム上、同じ大阪駅として出発地検索できないので見かけの本数が半分になってしまう。どちらか、歩み寄りを期待する。

 

高速道路上のバス停は停車と通過半々といったところ。目立って多かったのは高松中央インターでパーク&バスライトの拠点になっている。広大な駐車場がいかにも。

 

市街地に入ってからの栗林公園、県庁通りはともに通過となり、7名を乗せて高松駅脇の高速バス乗り場に到着した。高速道で作った10分の貯金はそのまま。遅れるよりは、気持ちに余裕がある。

高速バス乗車記録 福井→大阪

2017年4月23日

福井ー大阪梅田線

福井駅東口17:30 →  21:00大阪駅阪急三番街

阪急高速バス 運行便

 

西に移って最初の週末は福井へ。その帰路に節約のためにバスで帰阪することに。大阪〜福井はサンダーバードが圧倒的に強くて高速バスは申し訳程度に1日3往復のみ(+JRバスの金沢〜大阪昼特急が立ち寄るらしいが、ダイヤも所要時間も少し異質)

行きは割引きっぷで取れたのと、合流に遅れては申し訳ないとサンダーバードを活用させてもらう。帰りは時間に余裕あるゆえ、このバスを選択する。

ソースカツ丼で早めの夕食として、発車10分前に駅の東口、要するに裏側のロータリーへ。

 

f:id:islandernx:20170428185649j:image

 

すでに車両は横付けされていた。ちょっとびっくりスーパーハイデッカーの夜行バス?と見紛う端正な出で立ち。

車内はトイレが中央床下に設けられており、本当に夜行バス仕様だったのかも。車内は簡素なシートで4×10列の36人乗り。シートピッチは十分、座席は少し硬いかな。

 

始発から乗り込んだのは18名ほど。ちょうど窓側が埋まるぐらい。乗り込む時に見た限りでは隣は空席の喜ばしい状況、やっぱりバス旅は窓側が埋まるぐらいがちょうどいい。

しばらく市街地を走って北陸道へ。西日が差し込んでくるのでカーテン閉めるとそのままウトウトと1時間、19時前になっていた。外はトワイライト・タイムに。何のことはない田畑と丘の景色も見とれる価値を持つ。

 

多賀SAで15分の休憩となるがその前に運転手から「他の阪急バスもいるかもしれないので間違えないようにこのバスのナンバーは…」とあるが、そもそもバスはこの1台のみだった。売店で試食の海老煎をつまみ、そそくさと戻る。

今回の運転手はアナウンスが細かいのか丁寧なのか、いやまどろっこしい。いろんな予防線を張ったマニュアルで阪急バスの癖なのか、パーソナリティに帰するものなのかはまだ判断がつかないけれど、ちょっと疲れる。

 

出発のカウンターでは21名に。鯖江敦賀でも若干の乗車があったらしい。

それでも基本は福井と大阪の都市間移動

 

さらに40分ほど走ると京都に差し掛かり、少しずつ高速上のバス停下車が出てくる。交通量は明らかに増していたが渋滞するほどでもなくほぼ定時を刻み千里〜新大阪と下道を南へ。最終の阪急三番街にもきっちり定刻で到着した。

 

大阪方からは1日1往復のみで、使い勝手は?、そもそも福井に頻繁にとはちょっと考えにくいが、細くても長く続いて欲しい路線だ。

 

 

 

2/4〜5 津軽海峡冬景色、白い青森で温泉旅(その3)

だいぶ間が空いてしまったが、雪国旅の続き。

十和田湖から峠を越えて鹿角に抜ける。ここから高速で盛岡までは1時間、ただそれまで空腹には耐えられず(十和田湖冬物語の屋台があまりに貧弱だったゆえ)鹿角ホルモンで、ドライバー以外はビールを。だからと言ってノンアルコールでしのぐのは侘しい。ご飯にも合う…よね?

 

f:id:islandernx:20170422093240j:image

 

駅前の商店街から一本裏の路地に発祥の店幸楽あり。ちょうどお昼のピークを過ぎたタイミングですんなりと入る。メニューはホルモン、豆腐、キャベツがバラ売りになっててん?足したら高くつきそう(セット、ってあったほうがなんかわかりやすくてお得感があるという安直な発想)だったが、全部でも1000円しない。2セットを3人で。

 

f:id:islandernx:20170422093819j:image

 

ジンギスカン鍋に無造作にどーんとホルモン、まずこれを焼いて

 

f:id:islandernx:20170422093900j:image

 

淵で豆腐を煮込む

 

f:id:islandernx:20170422093935j:image

 

キャベツを乗せてしんなりしたら食べごろと。

岩手の玉山ホルモンは完全煮込み型だったが、こちらは焼き工程が入り若干早く仕上がる。それでもここまで20分ぐらい、広い店でもなく、混雑するとだいぶ待つ。席についても。東北のおおらかさと染みついた忍耐が店を成り立たせている。

お持ち帰りの営業もやってる。食べてる間にも4人前お買い上げ

 

さて、ようやく。

ホルモンも牛に豚にいろいろ?食感楽しい、シャキシャキなのは新鮮な証拠だろう。ご飯にも合う!けどやっぱりビール、飲みたかったな。ぬぬぬ、仕方ない仕方ない。

 

結局あっという間に鍋が空になってしまい、人数分で頼んでおけば良かったな、今更ね。外に出るとやっぱり寒い。安くてあったまる、これぞ東北メニュー

 

とはいえ、やっぱりお酒は待ちわびて。

盛岡戻って車放り投げてもっきりや。

 

f:id:islandernx:20170422095303j:image

 

ここに来れば、熱燗です。

高速バス乗車記録 花巻&伊丹空港連絡バス

2017年4月2日

盛岡駅前17:20 → 18:07花巻空港

岩手県交通 運行便

伊丹空港20:40 → 21:04 なんば

大阪空港交通 運行便

 

大阪への長期出張、普段の週末レベルなら自家用車でさっと走って花巻空港に入るが今回は1週間出っぱなしなのでバスで向かうことにする。復路、場合によってはラウンジビールの選択肢を残しつつ。

花巻空港へは盛岡駅からの県交通連絡バスを使う、それを始発から乗るのか、花巻空港駅までJRでつなぐのか、という話。時間が合えばJRの方が自宅からは速くて安いのだがスーツケース抱えての乗り継ぎも億劫でのんびり寝て到着するバスを乗り倒すことにする。

 

f:id:islandernx:20170402173340j:image

 

盛岡駅に到着したのはいすゞガーラの旧型タイプ。12列なのでアーバン号にも充てられる車両と推測、ナンバーから10年ほど他社で走って転入してした車両のようだ。

始発から乗り込んだのは16名

最終の名古屋便、大阪便に接続するので1番乗客が多いはずだがこの程度、それぞれ80人乗りで搭乗率7割とすればこのバス利用者の割合は10パーセントに過ぎない。(注:実際には共に半分強の搭乗率だったので、2割ぐらいはこのバスは乗っていたことになる)

やはり車でのアクセスが柱になっている。高速のインターからも近いし、20分前に着ければ急がず乗れるコンパクトなターミナルも相まって。公共交通に誘導するにも、車のアクセス良さ&駐車場無料で利用客の仙台流出を食い止めている部分もあるだろうし、採算取れているなら現行のアクセスバスが必要十分ということになりそう。

 

高速に乗るのは20分足らずで花巻ICを退出、側道のアンダーパスで東北本線を潜り、花巻空港駅に立ち寄る。こちらは花巻駅からの空港行き路線バスが廃止されたことに伴って経由地に追加された。こちらからは3名が乗車

 

程なくして花巻空港に到着した。

 

f:id:islandernx:20170402205547j:image

 

ここからはJALの最終便で大阪へ。名古屋行きもこちらも思いのほか空いていた。単身赴任の帰りが多いと思いきや、路線的には逆向きだったと気付く。

横が空いている席をどうぞと、座席変更頂くも冷静にシートマップ見返すと翼の上だった。まっ、夜の便だしいいかなと。どのみち、半分は寝て過ごす。

 

定刻に到着し、伊丹空港からは宿を取ってるなんばへ。

この時間帯は10分間隔なのでそこまで待つこともなく。

やってきたのは大阪

 

乗客は全部で18名、グループ以外は窓側に座れて快適な塩梅である。

 

都市高速を進んで、あっという間に気づけば下道へ。難波の少し東のほう。

いかにも大阪な景色を眺めつつ、何度か右に折れて、バス停に到着

今回も、時刻表30分に対して所要24分と早着した。空港ダイヤはかなり余裕をもって設定している模様だ。

 

f:id:islandernx:20170402235326j:image

高速バス乗車記録 あすなろ号青森→盛岡

2017年4月2日

青森駅前7:20 →  10:01盛岡駅西口

弘南バス 運行便

 

青森飲みの帰りは早々から。

このあとの移動のことも考えて早めに発つ。7:20と9:20の2便あるが、目覚めた時点で6:45、これなら間に合うと青森駅へ。

途中、ついに空きビルと化したアウガを眺めつつ、いや外観は立派なものなんだけれど、空虚な箱物は虚しく佇む。

 

f:id:islandernx:20170402073040j:image

 

7時過ぎ、東京からの高速バスが続々と到着する。弘南バスの高級・幹線ルートの津軽号が写り込み。

そんなバスに紛れて本日のあすなろ号も到着していた。今回も夜行バスの間合い運用的な車両

f:id:islandernx:20170402074116j:image

 

現行型の三菱車で4×10列、レッグレスト付トイレなしの格安夜行バス向け車両、往路よりも1列少ないタイプで快適度up、いやそれでも満員のこの車で東京まで700キロはいささか辛いものがある。

シートポケットの案内は青森〜八戸〜東京線「えんぶり号」の時刻表がささったまま。春季運行が3/31までだったのでつい先日までこちらで使われていたものと推測する。

ずっとあすなろ号固定というわけではないだろうし、夏まではパンダ号やスカイ号に充てられるのだろうか?

 

さて、青森駅前からの乗車は4名、柳町通りで1名拾って5名をゆったり乗せて青森道へ。春霞多少ありつつも八甲田山岩木山がはっきりと。街中の雪はだいぶなくなってきた。いよいよ春の足音が聞こえはじめる。

 

f:id:islandernx:20170402075109j:image

 

小坂までの停留所に律儀に寄っていくが人影なし。青森からの5名の体制に変わらなく花輪PAで9分の休憩に入る。誰も外に出ることなく再び本線へ。

 

高速バスもローカル部分は路線バス然りで縮小一途の感がある。

東京つなぐ夜行バスは活況呈しているが、地方の昼行路線はやっぱり運転してく方が便利だもの。

人口が減っていく以上に再編が進む予感

 

バス車両も特に観光・高速向けは納車までかなり待つ状態になっているらしいが、2020過ぎるころか、その前でも景気やインバウンドが下火になれば余剰車が溢れる。運輸業の人出不足で、モノを運ぶ仕事の方が稼げれば、低賃金でヒトを運ぶ理由がない。かといって値上げも出来ない。弘南バスは高速中古車入っていないようだが、岩手県2社は新車の方が珍しいぐらい。

やっぱり都会の方が、生きてくのに楽なのかもしれない。

 

そんな思考実験を続けているうちに、前潟イオンの脇に降りていた。終点盛岡駅には定刻よりやや早めに到着、ちょうど1番目の青森行きが入線していたので一つ前の大館行き乗り場に横付けされる。

県北バスの青森行きは新車ピカピカ、乗客は10人ちょっと。

 

f:id:islandernx:20170402173152j:image

 やっぱり鯖のない綺麗なバスに乗りたい。 

高速バス乗車記録 あすなろ号盛岡→青森

2017年4月1日

盛岡駅西口15:50 → 18:36青森駅

弘南バス 運行便

 

締めくくりの春、飲むかと誘われ青森へ。平日のように新幹線で一気に、いや財布と相談して地道に。

ひと月ぶりに再び、あすなろ号の世話になる。往復だと5,500円で新幹線の半額以下で済む。それはアーバン号と同じ。しかしやっぱりこの区間は需要が細い。特に高速バスのメイン顧客層たる若年層は青森からなら東京や仙台を目指すだろう。ほどよく都会とはいえ、青森にもあるイオンモールを目指して盛岡へ。あるいはその逆はやっぱり魅力的な選択肢とはいえない。

 

往復券=2枚回数券はどこで買える?

駅のJRバスの案内所→(バス乗り場で買えますよ)→バス乗り場(券売機は「発売中止」人おらず)→バス車内(あっ、じゃあ花輪で休憩の時ね)

でようやく目処が立つ。

 

12名の車内で盛岡を出発する。やはり年齢層は高い。ちょっと遠くにすむ親戚に会いに。そんな感じか?

アーバン号にいそうな年代は3、4人

スーツケースも手元で十分だ。床下を使うまでもない。

 

新幹線の窮屈さと比べると、時間はかかるがバスも有力な選択肢になると思うのだが。冬場でなければ定時制も悪くない。混むほど車、走ってない。

 

東北道は完全に夏道に戻っており、秋田入る辺りの山肌も雪化粧は終わりかけ。ここから新緑まではあと少し。季節は着実に巡る。ウトウトしながらも、反対車線を違反刺しにいくパトカーサイレンが切り裂くように響き流れる。

そんな時間を過ごして花輪に16:52着

時間調整を兼ねて17:05まで休憩となる。切符は無事に購入できた。

車内で買えない路線も多いので、混乱しないよう券売機に揃えて欲しいが運行会社の枠組みなり、システムの許容量なり色々と背景はありそう。

 

後半戦もシート倒し切って熟睡したまま。カーブの遠心力で目を覚ますと青森中央ICを退出するところだった。大野・柳町通りでちらほら降りていき、駅まで乗り通したのは5名

 

さて、そのまま夜の街へ。

 

f:id:islandernx:20170402075641j:image